Japan Mentorship Experience applications available Saturday, February 16 at 8AM (Japan Standard Time)

Fall 2019: October 21-25, 2019

Spring 2020: April 20-24, 2020

For the past eight years, Performance in Motion (PIM) has been thrilled to offer a variety of educational seminars for numerous talented rehabilitation and performance training professionals throughout Japan. Team PIM is so excited to be able to open our doors for an immersive experience at our home facility in Chicago, Illinois, where participants can learn, practice, and collaborate through our inaugural PIM Japan Mentorship Experience. Throughout this week-long program, a small group (<30) of rehabilitation and performance training professionals will dive deeper than ever into evaluating, diagnosing, and enhancing the Movement System across the entire Movement Spectrum in an intimate, hands-on, learn-by-doing format. Side by side with the PIM staff, and fully interpreted into Japanese, this experience will provide members a once in a lifetime opportunity to grow as a movement professional, collaborate with others, and return to Japan with a strong grasp of how to optimize the Movement System so that each of their athletes can thrive in sport and life.

過去8年間に渡って、Performance in Motion (PIM)は日本中のリハビリテーションとパフォーマンスに関わる優れた専門家たちに様々なセミナーを提供させていただいたことを非常に嬉しく感じています。チームPIMは、本拠地イリノイ州シカゴにある施設でみなさんが没頭して学べるPIMジャパン・メンターシップ体験をお知らせします!初のPIMジャパン・メンターシップ体験で参加者は学び、練習し、協力していただきます。1週間にわたるプログラムを通して、30人以下のリハビリテーションとパフォーマンスに関わる専門家たちは、親密でハンズオン、やりながら学ぶ形式の環境で、ムーブメント・スペクトラム全体を通して運動系を評価・診断・改善することをより深く学びます。PIM スタッフと共に(もちろんすべて日本語に訳されます)この体験は参加者に運動のプロとして一生に一度の機会となる経験を与え、他の専門家たちと協力し合い、日本のアスリート達がスポーツと人生ともに成功できるように運動系を最適化する方法をしっかりと理解して日本に帰国できます。

 

 

Curriculum カリキュラム

The PIM Japan Mentorship Experience will include 35+ hours of learning through lecture, lab, and learn-by-doing formats throughout the week to fully immerse participants in the Performance in Motion system and methodology.  The curriculum will follow the Movement Spectrum with the first half of the week focusing on isolated and fundamental movements, specific movement diagnoses of the spine and extremities, and a comprehensive Lower and Upper Quarter Movement System evaluation. The latter half of the week will highlight higher-level, integrated and activity-specific movements, giving each participant principles and methods for systematically building and breaking down a wide variety of complex patterns.  Lecture and lab topics will include, but are not limited to:

  • PIM Methodology principles & updates
  • Lower & Upper Quarter Movement System Evaluation
  • Movement System Impairment Diagnoses of the Spine and Extremities
  • Lumbar stabilization for the athlete
  • The Push vs. the Pull – evaluation and progressions
  • The Shoulder: Addressing scapular movement, Glenohumeral joint stability, & warming-up
  • Single Leg Stability
  • Building Rotational Movement – isolated to propulsive
  • Linear & Multidirectional Movement – rehab, movement prep & performance strategies
  • Running & Throwing mechanics
  • Fatigue, Recovery, & Energy System Development
  • Breaking down complex movement utilizing the Movement Spectrum

PIMジャパン・メンターシップ体験には、講義、実技、やりながら学ぶスタイルで5日間を通して35時間以上の学習内容が含まれています。パフォーマンスインモーションのシステムと手技法に参加者の皆さんが没頭できる環境です。カリキュラムはムーブメントスペクトラム(運動の一連の範囲)に沿って、週の前半は分離運動と基礎的運動、脊椎と四肢の特異的な運動系診断、そして包括的な下肢と上肢の評価を行います。週の後半はハイレベルで統合された運動と活動に特異的な運動をハイライトし、それぞれの参加者に系統的に概念と手技を作り上げ、広く多様性のある複雑なパターンの運動を細かく分解していきます。講義と実技は以下の項目を含みます(それ以外をカバーする可能性もあり):

  • PIM 手技法、概念、およびアップデート
  • 下肢と上肢の運動系の評価
  • 脊椎と四肢の運動系機能障害(MSI)の診断
  • アスリートの腰椎の安定化
  • プッシュに対してプル(押すvs 引く)、評価と発展法
  • 肩:肩甲骨の動きへの取り組み、肩甲上腕関節の安定性、ウォームアップ
  • 片足での安定性
  • 回旋の運動の築き方:分離運動から推進的運動まで
  • 直線的運動と多方向への運動:リハビリ、ムーブメントプレップ(運動の準備)、そしてパフォーマンスの方策
  • ランニングと投球のメカニクス
  • 疲労、回復、エネルギーのシステムの発展
  • ムーブメントスペクトラムを使って複雑な運動を分解していく

 

Application information:

On Saturday, Feb 16 at 8:00AM (Japan Standard Time), applications will be available on the Team PIM webpage. Please note that this application process is NOT on a first come first serve basis and the applications must be submitted before March 2, 2019 to be considered.

(日本時間)2月16日(土)08:00にTeam PIMのホームページに応募内容が掲載されます。このお申し込みは先着順ではありません。2019年3月2日までに応募用紙が提出されれば考慮されます。

 

To apply, log onto the Team PIM webpage’s “Resources” sections by following this link: https://www.teampim.com/patient-forms and click on the link entitled “Japan Mentorship Experience”, and then “Japan Mentorship Experience application” to get started. On the demographics page, please note that “Zip” refers to your “Postal Code”.

応募するには、Team PIMのホームページ https://www.teampim.com/patient-forms/の Resourcesのセクションに行き、“Japan Mentorship Experience”をクリックし、“Japan Mentorship Experience application”に行けば応募可能です。Demographicsページの“Zip”は日本の郵便番号のことです。

 

 

Key dates in Selection Process 応募者を選択する過程の主要な日程

It is our intention to conduct a fair and orderly selection process to select attendees for both the Fall 2019 and Spring 2020 Mentorship Experience classes throughout this process.

2019年秋と2020年春のメンターシップ体験の参加者を選択するために、フェアで規則正しい過程によって合格者を決定する予定です。

  • February 16, 2019 @ 8:00AM (Japan Standard Time)
  • (日本時間) 2019年2月16日午前8時
  • March 1, 2019 @ 11:59PM (Japan Standard Time)
  • (日本時間) 2019年3月1日午後11時59分
    • Deadline for applications submission
    • 応募提出の締め切り
  • Before March 9, 2019
  • 2019年3月9日までに
    • Status notification/Info package to be emailed
    • 合格通知と資料がメールされます
  • March 15, 2019 @ 11:59PM (Japan Standard Time)
  • (日本時間) 2019年3月15日午後11時59分
    • Deadline for applicants to accept admission
    • 合格者が参加を承諾する締め切り
  • Before March 17, 2019
  • 2019年3月17日までに
    • “Waitlist” applicants notified (if applicable)
    • キャンセル待ちの応募者に連絡
  • 2 months prior to Mentorship Experience
  • メンターシップ体験の2ヶ月前
    • Final info packet sen
    • すべての資料がメールされます

 

Selection criteria 選択基準 

Our primary aim is to provide each participant with the most rewarding, world-class experience possible, and we feel this is best achieved with a well-balanced, diverse class comprised of a variety of movement professionals from all over Japan. Please understand, this application process IS NOT ON A FIRST COME FIRST SERVE basis. Participation in prior PIM seminars will be heavily considered, but not required, when selecting applicants for admission. If qualified applicants outnumber the available seats in each mentorship class, a “waitlist” will be initiated.

私たちの主な目的は参加者に最も価値のある、世界レベルの経験をできるだけ提供することです。日本中から様々な運動の専門家達、バランスの取れた多様な参加者を選ぶことで達成できると考えています。この応募のプロセスは、先着順ではないということをご了承ください。過去のPIMセミナーに参加された方には優先権を強く考慮しますが、参加者を選択するにおいて過去のセミナーの参加は必須ではありません。それぞれのメンターシップのクラスの定員よりも応募者の人数が多ければ、キャンセル待ち名簿を設けます。